LEDテープ

屋外も相談OK、LEDテープを使ったオリジナルオブジェ制作例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!広報のYascoです。

huez / 渋都市株式会社では、GWも様々なイベント演出を担当させていただきました。
今回は、2018年4月28日からリニューアルオープンした「MAGNET by SHIBUYA109」の演出事例をご紹介します。

「シブヤのシゲキ。渋谷カルチャーの復権」をコンセプトに、かつて109メンズ館、109-2として親しまれてきた建物をリニューアル。「MAGNET by SHIBUYA109」と称し、食や音楽、アートといったエンターテインメント性の高いコンテンツを集めたスポットとして生まれ変わりました。
その屋上=Mag’s Parkでは、GW期間中「渋ゲキ祭」というイベントを開催。huez / 渋都市株式会社では、そちらの空間演出をお手伝いさせていただきました。

画像のマグネット型のフォトブースは、その中でアートディレクターのSid Yuuri中心に作成したもの。中にLEDテープが仕込まれており、夜になるとU字の先端が光る仕組みです。場所のコンセプト「シブヤのシゲキ」から発想を受け、ファッションアイテムやレコード、古いゲーム機などの様々な小物が、1つのカタマリとなって、”刺激”として吸い寄せられている様子を表しました。

その他にもステージで行われるライブの照明演出や、壁面アートを照らすLED柱といった美術も作成させていただきました。

パーティーやオープニングイベントのようにコンセプトを前面に出したい時や、発表会などイベント自体のSNS拡散を促したい時には、今回のような光るフォトブースが最適です。もちろんデザイン、施工までお任せいただけますので、ぜひLEDテーブの演出ページから、ご相談くださいね。

それでは!