LEDテープ

2018年2月:渋都市株式会社 / huez LEDテープを使った演出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!広報のYascoです。
今日は渋都市株式会社/huezのLEDテープを使った演出をご紹介いたします。

huezで使用しているフルカラーLEDテープは、事前にプログラミングすることで、グラデーションや光を走らせるような効果はもちろん、サウンドアクティブ(音楽に合わせる)で明滅させることも可能です!

テープをそのまま、壁面や備品に貼って使用することもできるのですが…

例えばアクリルと組み合わせて舞台美術に組み込むことも。
こちらの柱は、昨年10月に”TORIENA”ワンマンライブの舞台美術として使用したもの。空間の密度を上げながら、ステージ全体を多様な光の表現で盛り上げることができます。huezで使用しているLEDテープは光量も高く、広い会場や野外パフォーマンスでも十分に効力を発揮します。

今年2月にも、LEDテープを使った舞台美術及び空間全体の演出をさせていただいたのがこちら。

Photo: Jun Yokoyama


アジアのトラックメイカーを招致した「MeCA」にて、鉄パイプで要塞のような美術を制作。各所にLEDを配置して空間全体の色味や空気を変えつつ、バックではVJとレーザーで彩っています。

LEDテープを用いた演出では、設置にあたっての空間デザインや、オブジェや美術を作成する場合のデザインから承っております。「光り物を出したいのだけど、やり方から相談したい」「野外ステージの昼と夜で違いを見せたい」「オブジェを作りたいのだけど、どこに頼めばいいかわからない」など、ご相談ベースからでも構いませんので、お気軽にLEDテープのレンタルページからご連絡くださいね。

ではまた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加